スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K上さんちのお引越し物語

2008年03月09日 22:55

友人K上さんちのお引越し物語。

登場人物
 ノッポ(K上さん、料理人、腰痛気味)
 HARUちゃん(K上さんのご子息、1歳半、すばらしくかわいい)
 石ちゃん(芸能人にそっくり)
 福田総理(政治家にそっくり)
 ヤセ(私、引越しキャリア、最近ぎっくり腰やった)
 などなど

その前に、なんとこのお引越し、
引越し業者によるものではありません。
なんとなんと、某住宅会社の
お二人と、K上さんご夫婦、そして私たち夫婦でやったのです。

朝7時に我が家を出て、所沢からはるばる草加のK上さんちへ
行きました。
「ほんとに石ちゃん引越しやってくれんかねー。
 大体トラック運転できるんかねー。」
「K上さん梱包できてるんかねー。
 HARUちゃんいるからなー。」
「ノッポ帰りが遅いし、休みないし、大丈夫か」
「ヤセも腰痛なんだからさー、気をつけなよー」
などと不安いっぱいで、走りました。

着いたK上さんちのアパート。
やはり、、、梱包不十分。
冷蔵庫の中身ぎっしり、電源ささったまま。
洗濯物も並んでいる。
食器はシンクに積まれてる。
段ボール箱は足りないらしいし。
引越し業者なら「じゃ、30分くらいしたら始めますね」
なんて、ドン引きされること間違いなし。

<あまりにいろいろあったので省略>

ハイライトは洗濯機乾燥機と冷蔵庫。
まず、洗濯機乾燥機。
ヤセだけは知っていた。こいつはやばいと。
しかし、みんなはナメていた。
たかが洗濯機と。
重い!
ほんとに重い。
搬出はまだしも、搬入は一大事。
真新しい洗面所に大の大人が4人がかりで、
フーフー言いながら洗濯機乾燥機を入れ込むのです。
ハウスメーカーの石ちゃんと総理はお客様の大切な
ご新居を傷つけるわけにいかない。
顔を紅潮させて力を込める。
ノッポは腰痛をこらえてがんばる。
ヤセは力のなさを思い知る。ごめんなさーい!
もう、やけくそです。
どうにか入った洗濯機乾燥機。
しかし、、、隣の洗面台の引き出しが
開かない、、、、。
後日業者に連絡となりました。

続いて冷蔵庫。
階段に引越業者を真似て雑巾ならべて養生。
さあ、いける!と思ったら石ちゃんが、
「幅大丈夫かなー?」
なんと折り返し地点の手すりが当たる。
ついでに階段照明も当たる。
ということで、できたてホヤホヤのこの2点を
取り外すことに。
フローリングに追加予算でコーティングしたノッポ、
この間に階段の養生をさらに念入りに。
氷が解けきらずズシリと重たい冷蔵庫。
ヤセが用意した紐は長さが足りず、
横巻きに(通常引越し業者は縦に2本かけます)。
さて、いよいよ移動開始。
目指すは2階キッチン。
序盤ははナナメに、いい感じ。
しかし、垂直に動かす折り返し地点で、、、
紐が横まきのため力が入らず上がらない。
手すりがミシ!すかさずノッポが
「手すりがミシッっていってます(悲鳴)!!」
石ちゃんが
「総理の方、もっと上げて(大興奮)!!」
ヤセが
「すいません、こっち上がんないです(泣)!」
通常ぐるりと180度回って通過するところを
90度の回転で通過。
仕方なく、そのままナナメに倒してリビングへ。

大緊張の時間は15分くらいでしょうか。
紐がなく、業者でもない私たちが
よくぞ上げましたよ、冷蔵庫。
業者なら2人のところ、
素人が4人がかりなんですから。
いやー、よくがんばりました。

しかし、やはり1箇所、傷がついてしまいました。
ヤセの力のなさが原因でしょう。
ノッポ妻にこのことを伝えると、
確認した後、
「わかんなかったよ、大丈夫だよ」
と優しいお言葉。
「それより、寿司あるから食べてよ」
ほんとにいい方です。

やはり新築への引越しは
プロに、アリさんにやってもらうのが
一番のような気がした一日でした。
でも、久々の引越し。
腰痛がひどく悪化しましたが、
気分爽快な夜を迎えました。

そういえば、今夜の月は
ひときわ細い美しい弧を描いていましたね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toyotahome.blog28.fc2.com/tb.php/65-c8929c44
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。