FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VICKSという加湿器

2008年01月29日 22:38

のどが痛い、頭が痛い、、、なんて日々を過ごしていたら、
突然高熱を出してついにダウンしています。
ダウン直前に加湿器をネットで注文し、
早速届きましたので使用感を掲載します。

私たちが買ったのは写真左、のど飴にもあるVICKSという商品。
KAZ VICS V105C Delonghi ボネコ2300
大きく写っていますが、それほど大きくは感じません。念のため。
正しくはKAZ VICKS V105Cです。
写真右はデロンギ ボネコ 2300です。

<VICKS V105C>
・タンク 3.7リットル
・加湿量 300ml/h
・タイプ スチーム式
・最安価格 3350円(価格ドットコム調べ)
・メ希価格 8190円(メーカーサイト)
・PR 「静音設計、空焚き防止機能付、丈夫なポリエチレン製
     ナイトランプ付、過電流防止機能プラグ付、
     Vicksリフレッシュ液(別売)使用可能」

<ボネコ 2300>
・タンク 5.0リットル
・加湿量 410ml/h
・タイプ 加熱超音波式
・最安価格 15000円(価格ドットコム調べ)
・メ希価格 27000円(メーカーサイト)
・PR 「寝室に最適な静かで室温を下げない設計
     睡眠中のデリケートな体を乾燥から守ります」

我が家は比較的デロンギファンのため、ちまちまとデロンギ製品
を購入しています(家電好き)。しかし、最近はマイホームのために
節約生活をしているため、どうにか安いものにしたい。
そこで、VICKSに白羽の矢を立てたのです。
本当はボネコが欲しかったのですが。やむなし。また今度。

VICKSは非常にシンプルです。
水を入れる。そして少々の塩を加える。
加湿しても塩は減らないため、タンクを洗わない限り、
以降は水の継ぎ足しのみ。
そして、元気よく吹き出す蒸気
さすがMADE IN USA
今は1台ですが、今後トラブルなしならもう1台追加しても
良いかも。安いし。
ちなみに、「リフレッシュ液」というのはアロマオイルのようなもの。
洗浄液と間違えて購入しましたが、使ってみると
まずまず。買って損ではなかった、という個人的感想です。

ところで、今回はAmazonで購入したのですが、
送料ほとんどかからない上に翌日配達できるんですね。
注文した次の日に届くのでびっくりしました。
おかげでのどの具合もよくなりました。
便利ですねえ。


コメント

  1. jamu | URL | -

    boneco

    我が家は、ボネコの気化式を使ってます。あまり急激な加湿は高気密住宅では結露を生み出すのでこれを選びました。
    使った感じは、穏やかな加湿といいましょうか。「ほんとに効いてんの」って感じですが、確実に水が減っているので効果はあるんでしょう^^ちなみに、24時間つけっ放しです。気化式なので、過加湿の心配がありません。

  2. m_taku0919 | URL | -

    bonecoいいですねー

    実はjamuさんのページを見てbonecoなるものを知りました。それで調べてみるとどうやらデロンギらしい、ということに。妻は高価な家電には興味がなく「安いものを長く使う」をモットーにしております。こちらから見るとダマシダマシにしか見えないのですが。自分で壊すし。そんなわけで、我が家はVicksとなったのです。結露、心配ですね、確かに。今は、部屋の湿度は50%くらいです。これまでは30%以下でした。今のところは、結露に憧れている日々です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyotahome.blog28.fc2.com/tb.php/42-c8f7a440
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。