FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッシ、蝶番、断熱材について

2008年01月19日 20:59

友人K上さんちのトヨタホーム、
シンセ・レゾンを見学して一人注目してみた
ささやかな記録です。
内容はサッシ、蝶番、断熱材について、と非常に細部。
お暇な方限定
でごらんください。

K邸のサッシの表示
サッシに付いていた省エネ表示です。
省エネ商品が標準仕様の時代なんですねー。
ちなみに、★★★だと
「金属製断熱構造サッシ」
「複層ガラスで中空層12mm以上相当」
とのこと。つまり
「ガラスが2枚スキマを空けて入っていて、
おかげであったかい、金属でできたサッシですよ。」
ということでしょうか。
表示について詳しくは下記をご覧ください。
「(社)日本サッシ協会 省エネルギー等級表示管理規定(最終版)」pdf
平成18年3月1日付

K邸サッシのビス
サッシのビス留めのクローズアップです。
ビスがまっすぐ美しく入れられています。
どうしてこんな画像を掲載したかといいますと、
以前東京のとある展示場を訪れたことが原因です。
そこで見たサッシのビスはナナメに傾き、
せっかくオシャレに作りこんだ展示場が
なんだか安っぽく見えたからです。
トヨタホームさんは
「工場生産により作業環境を整えて作業の質を高めている」
とシンセシリーズ(鉄骨ユニット・ラーメン構造)の工場生産を
オススメして話されました。
今日このサッシを見て「なるほど、さすが」
と一人で感心してしまいました。

K邸の蝶番
ドアの蝶番(ちょうつがい)のクローズアップです。
なんで?と思われる方もいるでしょう。
そんな方は一度自宅の蝶番を確認してみてください。
新築ではこのように親切な表示のついたものが
一般的ですが、賃貸などのものは何も表示のない
そっけないものが多いのです。
そして、この蝶番。私が引越しのアルバイトをしていたとき、
もっともやりたくない仕事でもありました。
蝶番の調整は非常に繊細で、わずかなずれも
ドアの開閉に顕著に影響します。
調整が狂っていれば、ドアは勝手に閉じたり、
あるいは開いたりします。
蝶番調整のプロはすごいなーと勝手に思っています。

K邸階段灯の断熱材
2階階段灯穴から溢れんばかりの断熱材が。
断熱材、たくさん入っているようですね。
調べてみるとこの断熱材は「マグ」という会社が製造している
「マグウール・ポリカット」という天井用のものでした。
自由にカットできる優れもの、だとか。
また、断熱材については
天然素材を売りにしているところは
グラスウールは湿気でやられる、
なんて言います。
でも調べてみると、建物の気密性を確保することで
湿気による結露を防げるらしい。
ということで、一人勝手に安心しました。
調べて良かった。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toyotahome.blog28.fc2.com/tb.php/33-1c69d9ea
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。