FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月末の引越し料金_なんともなりません

2008年01月14日 21:30

3月26日に引渡しなので、3月27日以降に引越しと考え、
下記のH社に見積もり依頼をしました。

実はこの引越し会社は2002年4月-2004年3月まで
私が働いていた会社。
「信頼のブランド」とダンボール箱に印刷している、
世にも奇特な会社です。働いていた当時は
作業の質にこだわって生き残りをかける会社、だと勝手に解釈して
私もできる限りの努力をしてやっていました。
最近、引越し業界ではD社がA社に買収されたと聞きました。
原油高の昨今ではやはり何かしら強みを持っている会社でないと
生き残りは難しいようです。

私は自分の経験から、このH社を辞めた後も
友人にも引越しならH社、と勧めてきました。
自信を持って推薦できる会社です。
自身もこれまで何度か利用し、ずい分安くやっていただきました。
だから、今回もお願いしてみたところ、
これまでのようにぐぐっと安くはなりませんでした。

引越し業界では学校の長期休業に合わせて繁忙期が
設定されています。(下図参照:クリックして拡大してください)

今年の3月末はこの繁忙期が26,27,28にあたり、
私たちの希望日とピッタリ一致。
じゃあ4月にしたら安くなるかと言うと、
引越し料金はほとんど変わらず、
現住の家賃のみが増えてしまうというアンバランスになります。

引越しでは作業員さんにご祝儀を渡したいものです。
めでたい新築への引越しなので、
ご祝儀の中身も奮発したいと思っていましたが、
伝えられた金額ではご祝儀は控えねばなりません。
引越し料金は大雑把に表現すると、

(3月末の繁忙期は40000¥/ t で計算されます)

・単身  --2t----¥40000×2t=¥  80000
・夫婦  --3t----¥40000×3t=¥120000
・夫婦子--4t----¥40000×4t=¥160000


ここに別途エアコン、洗濯機、食洗器、ピアノなどの費用が加わります。

繁忙期を外せば半値程度での引越しも可能なんですが、、、
1tあたりの金額はもちろん引っ越し業者により差はありますが、
大きく違いはないと思われます。
また、金額が安い場合は

・追加料金発生の可能性
・作業員の質
・作業員の人数
・荷物を限定している
・下請けに依頼

なども考えられます。
引越し大手のA社(ドラえもん)、S社(パンダ)、Y社(猫)、
そして私が選んだH社であればそうしたトラブルはまずないと思われます。

今回H社の見積もりは正直、予想以上の金額となり
驚きました。
でも裏を返せば、自分の頃はまだ大幅値引きをやっていた。
今は自社の商品に自信があるから値引かないのかな、
とも考えられます。
H社がんばってるんだなー、一緒に働いたみんな、
いい仕事をしているんだなーと思う今日でした。


コメント

  1. jamu | URL | -

    コメントありがとうございます。我が家もアリさんで引越しを行いました^^
    家づくりも順調なご様子。これから基礎とのことですが、今週は相当寒くなるようですので、生コンの打設は厳しいと思います。もし、今週打つような話があったら、施主の意思で辞めさせたほうが良いと思います。公共事業などは零下になるような気候の場合は絶対に打たせないというのを聞いたものですから。ごめんなさい、脅かすつもりはではないんです^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyotahome.blog28.fc2.com/tb.php/27-17a2df06
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。