スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタホームの土地探し

2008年11月16日 01:43

トヨタホームでの家作りに際し、紹介された不動産屋さん
に紹介された土地、自分たちで探した土地、
といろいろあります。
この記事では私たちが見た土地の一部(ほんとに一部です)
についてあれこれ書いてみようと思います。
iruma_araku sayama_hirosedai
<I市:当時1600くらい>                <S市:当時1700くらい>
どちらも高台のよい土地でした。

左は自分たちで「現地販売中」ののぼりを見つけて行って
なんと売り出されたばかりの土地に遭遇。
日当り良好、眺望は抜群。駅も近い。
ぜったいここ!とほぼ決めていたくらいの好条件。
不安材料は高台の土地のため、切り出しと埋め立ての
両方をしており、擁壁の強度、杭打ち込み深さの確保、
道路面よりも3メートルほど低い土地のため、
建物壁面と擁壁との通気の確保などの問題があり
あきらめました。

右はトヨタホームの不動産屋さん紹介の土地。
すてきな住宅街でしたが、駅やや遠い、頭上を戦闘機が
通過すること(航空自衛隊の滑走路から延長線上の立地)、
別不動産屋さんからの心配の声などから断念。

iruma_takakura iruma_ushizawa
<I市:60坪1600くらい>       <I市:1600くらい>
これまたどちらも良い土地でした。
しかしながらどちらも駅までやや不便な土地でした。

左は別に探していただいていた不動産屋さんおすすめの
土地。広さも文句なし。
道路面建物の背にやはり壁がきてしまう点が気になり断念。

右は静かな住宅街の古家。トヨタホームの不動産屋さん
の「ちょっと見てみませんか」から立ち寄った物件。
広さ、土地形状もまずまず。
裏手に線路あり騒音が大きいこと、これといった
アピールポイントのなさからやめました。

iruma_noda iruma_kamihujisawa
<I市:1200くらい>         <I市:1200くらい>
探せば安い土地はあるものだと感じる2件。
価格は予算以下という安心価格。
ただどちらも難ありの物件でした。

左は典型的なL形状。
右は両側の隣接する家が高く半日陰でした。
裏手に国道のバイパスが走っている点も。

ハウスメーカーと土地探し。
<費用の面から>
土地購入の資金をハウスメーカーさんのやっている
住宅ローンで考えている方は、土地の購入に関しても
ハウスメーカーさんを通して考えるのが妥当でしょう。
我が家もほぼ同様でした。
しかし、紹介された不動産屋さんの土地でなく、
別の不動産屋さんからもらった土地の資料を手に
ハウスメーカーさんにどうしたら良いか相談し、
結局自分たちの探した不動産屋さんで、
ハウスメーカーさん立ち会いのもと土地契約と
なりました。
<良い物件を見つけるには>
一番は運勢の良いときに探すことだと思います。
誰しもどうしたってツキというものはあります。
そして不動産屋さん任せにしないこと。
自分の人生をかける土地ですから、
また、自分の好みは自分が一番知っているはずですから。
さらに、情報は多方面から集め検討しましょう。
情報源は複数あるほうが良いですし、
予想もしない情報を得られることが多々ありました。
各社得意分野、得意エリアがありますので
店頭、雑誌、インターネット、歩いて探すなど
いろいろな探し方を組み合わせるのが良いでしょう。
<最低限の知識>
土地探しをするといろいろな専門用語が出てきます。
分からないことはどんどん調べ、質問しましょう。
不動産屋さんの言葉を丸のみしていては十分に
検討できないことがでてきます。
また、上に建つ建物の特性も知っておく必要が
あります。
ハウスメーカーさんが「その土地はちょっと、、」
なんていうことが何度もあり、「どうして」
と細かに説明をしていただきました。
ハウスメーカーの担当者さんはちゃんと現地を
見てくれ、気になる箇所を押さえてくれますので、
相談するたび、自分たちも
自分たちの希望をかなえる土地を
しぼれるようになってきました。

ほかに値引き交渉や手続き等々いろいろ
ありますが、、、また書くことにします。

たくさん書いてしまいました。
すべて読んでくださった方、お礼申し上げます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://toyotahome.blog28.fc2.com/tb.php/101-e4e55caf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。